Hirofumi Nakamura

NEWS

〈note #2〉About songs – SIDE B

今回はB面の楽曲紹介を。

 

B1「Midori」

4月24日、山梨県身延町にて、改装した古民家での1日1組限定貸し切り宿「TOWA OLD FOLK HOUSE」とともに、写真とデザインとつくろい「つづり舎」を営む割田光彦さんからメッセージが届きました。

「クリエティブな遊びがしたい。5月4日 みどりの日に、自分は身延の自然を映像で、アニーさんは1曲作って、それを掛け合わせた映像作品を作ろう。」

 

5月4日 目が覚めてはじめてイメージを膨らませて、ギターとハープ、ピアノと声で作った曲がこの「Midori」でした。毎日過ごす部屋の中で、その日は無意識のうちに身延の緑に想いを馳せていたように覚えがあります。夜中、彼が切り取った身延の風景とこの曲が合わさったときに、誰かと新しいものを作る喜びが身体中を巡りました。

 

 

 

割田さんの了承を得て、楽曲としてデジタル配信リリースもしましたが、今作で形にのこすことができてとても嬉しいです。

その後、実際に身延町を訪れこの曲を演奏する機会に恵まれました。

そのお話はまた改めて。

 

B2「3piece」

tricolorのアルバム「tricolor BIGBAND」収録曲の一部分をセルフカヴァー。

YouTube動画用に撮影したテイクから、音声のみを抽出して収録しました。

 

tricolorは2018年にtricolor BIGBANDとして中〜大編成での演奏機会を重ね、また、2019年は活動10周年で色々な方との縁を再確認していました。この曲は「沢山の人と一緒に演奏するのも楽しいけれど、やっぱり3人だけで演奏するのは素敵だね。でも、やっぱりみんながいるともっと楽しいね!」という想いで作った曲。そして、John John Festivalでの6週間に及ぶオーストラリアツアーの最中、旅先で出会ったチェロの響きやスコティッシュのうねりの影響も受けながら作った曲でもあります。

 

B3「July 22」

2017年にリリースした「guitarscape」収録曲のセルフカヴァー。

もとはクラシックギターで演奏されている曲ですが、今回はピアノで録音しました。
これもYouTube動画用に撮影したテイクから抽出しています。

 

2015年夏、paniyoloくんと演奏旅行をしている最中にこの曲は作られました。

彼の作品に30歳の誕生日を迎える前日に作ったという曲があるのですが、その日はまさに僕が30歳の誕生日を迎える前日でした。

僕の誕生日に気がついた友人たちが、paniyoloくんと僕を残してパーティーの準備をしにバタバタと外出をした23時45分頃、彼の提案を受け入れ、iPhoneのボイスメモの前で素直に奏でられたメロディーです。日付をまわって友人たちが帰宅したとき、演奏を続けながらもなぜだか涙が止まりませんでした。(友人が買ってきたのはグミばっかりでした)

 

YouTubeに公開する演奏動画シリーズは、この曲を境にストップしています。

奇しくもこの曲が、5年前と同じく歩みを進めるシーンを見届けてくれています。

 

 

SIDE B 収録曲はこの3曲。

こちらも全て自宅での収録となっています。

 

次回からは「ハイキング」に参加してくれたゲストについて紹介します。

 

〈ハイキング / Midori〉information

〈note #1〉About songs – SIDE A

お問い合わせの返信について

9月25日にレッスンについてお問い合わせいただいた方へのメール返信をしたところ、跳ね返されてしまい届かない事例が起こっています。

心当たりのある方は、受信設定を確認の上再度お問い合わせいただけますと幸いです。

【New Release】Cassette tape「Impro – Letter / Masahiro Hiramoto & Hirofumi Nakamura」

作曲家 平本正宏さんと、即興演奏の往復書簡のようなカセットテープ作品を制作しました。

それぞれが即興演奏を録音し、それを手紙のように相手に送る。受け取ったその手紙に、更に即興的な感覚で音を重ねる。

これまで様々な共同作業をおこなってきた2人による、設計図のない「遊び」によって生まれた作品です。

 

カセットテープ作品

「Impro – Letter / Masahiro Hiramoto & Hirofumi Nakamura」

¥1,000(tax in.)

2020.09.27  Release

 

SIDE A

H→N #01

N→H #01

Interlude

 

SIDE B

H→N #02

N→H #02

 

*ご購入・お問い合わせはこちらまで

contact@hirofuminakamura.com

 

 

 

平本正宏さん website

平本正宏さんとは、映画「さよなら渓谷」「セトウツミ」「少女」や篠山紀信さんの「digi+KISHIN」シリーズなどでご一緒しています。2012年には「Tekna TOKYO Orchestra」としてアルバムのリリースも。2014年には対談もおこなっていただきました。

 

〈note #1〉About songs – SIDE A

10月10日リリースのカセットテープ&7インチレコード「ハイキング / Midori」についての情報を紹介していきます。

 

今作は全6曲収録。

 

A1「ハイキング」

この歌を作るきっかけになったのは、旅をしながら十勝に暮らす編集&デザインチーム「チームヤムヤム」さん。

2016年春、彼らが制作した、野山で淹れるコーヒーのためのホーローマグ「 ”架空の”コーヒースタンド[くものうえコーヒー]のオリジナルマグ」のために8小節の歌を作りました。

その歌は楽譜になって、ホーローマグにデザインされています。

そのときの歌がこちら。

 

この歌の続きを作りたい。その想いをずっと心に留めたまま、彼らが主宰するイベント「夏至のピクニックパーティ -育つ庭-」(北海道・中札内村)に tricolor で出演するようになりました。彼らが思い描き、そして作り出す風景に共感しながら、いつかまたそんな風景の中で歌いたいという願いを込めて、2020年春、のどかな外の景色を眺める毎日から生まれました。

 

オリジナルマグの詳細はこちら。(今作のリリース記念に割引セールを開催してくださっています…!)

 

歌が完成してすぐの晴々とした日、思い切って部屋を飛び出し、屋根の上で歌ったりもしました。

 

今作では、アコースティックギターとピアノのサウンドに乗せて、初夏にこの歌を実際に一緒に演奏してくれた、中川理沙さん、paniyoloさん、sayaさんに参加していただきました。彼女たちの紹介はまた改めて。

 

 

A2「June 1」

ピアノの即興的小曲。

4月から5月いっぱいにかけて、新しいものを生み出すモチベーションを上げるため、YouTubeにこれまで自分が作った楽曲やお気に入りのトラディショナルの楽曲の演奏動画をアップする活動を選びました。

そんな中、少しずつバンドメンバーや他のミュージシャンと、共同で何かを作りはじめる動きがはじまっていきます。

tricolorでは、メンバーの長尾晃司さんがアニメーションを制作し、新しい楽曲とともに公開する活動が。「tane」「sing」の2作に続き、長尾さんから「アンニュイなピアノベースの楽曲でアニメーションを作りたい」というリクエストをいただきました。

それからあまり日も空けず、久しぶりに新しい何かをつくる気持ちで鍵盤に向かい、その高揚のままに音符を五線譜に定着させず即興的に演奏したテイクです。

この楽曲に2人の演奏とアニメーションが加わった作品も近日公開予定ですが、2人の了承を得て、瑞々しい制作のよろこびの記念にピアノソロヴァージョンのまま収録しました。

ちなみに、この日を境にそれまでのYouTubeでの演奏動画はぱたりと止んでしまいましたが、またいつかはじめるかもしれません。

 

 

A3「Home Again」

tricolor「キネン」に収録した楽曲を、アコースティックギターでセルフカヴァーしました。

4月半ば、ウクレレ奏者のzerokichiさんと、iimaのイシイタカユキさんから「アトリエ穂音」を応援するコンピレーションアルバム「Sound on the Water」への参加のお誘いメッセージが届きました。

福岡にあるアトリエ穂音は、日本画家 比佐水音さんが運営するアトリエ兼教室。僕も2度ソロライブをさせていただいた、ギターの音が豊かに、かつ冷静に響く、お気に入りの場所です。

前述のように創作活動のヒントを模索していた頃、こうした機会をいただけたことは、視線が前を向くきっかけになりました。

このコンピレーションアルバムに収録したテイクを、zerokichiさん、イシイタカユキさんの了承を得て、今作にも収録しました。(カセット用に音質を微調整しています。)

 

コンピレーションアルバム「Sound on the Water」情報ページはこちら(CD-R版とデータ版があります)

 

 

SIDE A はこの3曲。「ハイキング」の歌とピアノ、ゲストの演奏以外は、全て自宅で収録しました。

SIDE B 収録の楽曲については、また次回記します。

 

〈ハイキング / Midori〉information

【New Release】「ハイキング / Midori」10/10 Release
  • 新しい作品を2つの録音媒体でリリースします。

 

 

ひとつは、2020年の春から夏にかけて生まれた楽曲や、自宅で奏でた音源をまとめた
全6曲収録のカセットテープ。
もうひとつは、そのうち2つの楽曲「ハイキング」「Midori」を収録した
両A面の7inchアナログレコードです。

どちらも再生形式が限定される作品ですので、ダウンロードコードが付属しています。
(7inchに付属しているダウンロードコードでも、カセットに収録されている6曲全てをダウンロードできます。)

 

「ハイキング」の一節は、イラスト&デザインのチームヤムヤムさんによるプロダクト
「くものうえコーヒー オリジナルマグ」のために2016年に作ったもの。
長らく未完成だったフレーズが、まるで2020年の春の景色を待っていたかのように歌になりました。
今回のヴァージョンには、初夏にこの楽曲を実際に演奏してくれた中川理沙さん、paniyoloさん、sayaさんに参加していただきました。

 

5月にデジタル配信リリースをした「Midori」は、つづり舎さんとのプロジェクトによって生まれた楽曲。
5月4日みどりの日に、僕は楽曲制作と録音を、つづり舎さんは山梨県身延町の景色の撮影と編集をして、
それを重ね合わせた映像作品「Midori」が生まれました。


この日々を思い返した時に、健やかな気持ちが流れるように
たったひとりで過ごしていても、結局は誰かと関わることで足どりが明るくなる
今日の自分らしい作品が生まれました。

 

〈ハイキング / Midori〉
 
カセットテープ
¥1,980(tax in.) *DLコード付
収録曲
[SIDE A]ハイキング / June 1 / Home Again
[SIDE B]Midori / 3piece / July 22

7インチレコード
¥1,980(tax in.)*DLコード付(カセット収録の全6曲)
収録曲
[SIDE A]ハイキング[SIDE B]Midori

カセットテープ + 7インチレコード set
¥3,500(tax in.)
 
「ハイキング」参加ゲスト
中川理沙:ヴォーカル
paniyolo:ギター
saya:コントラバス、コーラス

題字・イラスト:チームヤムヤム
写真:割田光彦(つづり舎)
 
ご購入はこちらまで
contact@hirofuminakamura.com

*10月10日までにご予約の方は送料無料でお送りいたします。

 

作品詳細はこちら

ダンス作品「星の王子さま – サン=テグジュペリからの手紙 -」演奏出演します。

ダンス作品「星の王子さま - サン=テグジュペリからの手紙 -」に演奏出演します。

演出・振付は森山開次さん、美術は日比野克彦さん、衣装はひびのこづえさん、音楽は阿部海太郎さん。

演奏は佐藤公哉さんと2人です。

 

11/11(水)〜 11/15(日)KAAT 神奈川芸術劇場

11/21(土)まつもと市民芸術館

12/5(土)・12/6(日)京都芸術劇場 春秋座

12/12(土)兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール

 

公演情報はこちらをご覧ください。

 

沢山の方のご協力により 無事に上演に向けて旅を始められることに感謝します。