Hirofumi Nakamura

NEWS

〈note #4〉Lyric &,

 

「ハイキング」

作詞曲:中村大史

 

今日は晴れたね どこへ行こうか

もういいかい? まだだよ

お気に入りの靴はどこ?

見晴らしのいいところで コーヒー淹れよう

少し古い豆でもいいよ 風の香りがするよ

 

合言葉ヤッホー!の挨拶で 両手をふって歩いていこう

お弁当まだ?の君連れて とびっきりの景色に会いにいこう

 

また背が伸びたね 新しい季節

もういいかい? もういいよ

お気に入りの歌はここ!

空がきれいだね 明日も晴れるね

深呼吸して 耳を澄ませば

風の声がきこえる

 

ララルラ 歌を歌おう

ララルラ 雲の上

ララルラ 君と歌おう

ララルラ

 

飛んでいきたいよ 湯気に乗って 気分はふわり 雲の上

ひとりじゃないよ 丘の向こう 足音そろえて ハイキング

合言葉ヤッホー! ぎゅっと手をつないで歩いていこう

昨日までと今日の君連れて とびっきりの景色に会いにいこう

はじめての景色に会いにいこう

君の明日に会いにいこう

 

_____

 

歌詞の一部は、この歌を作るきっかけになったチームヤムヤムさんの言葉をお借りしています。

また、カセットテープ、7インチレコードともに 歌詞やクレジットの記載はありません。

 

 

今回のリリースは、形式としてのCDを否定するものではありません。

録音物の聴き方と聴かれ方、届け方について思いを巡らせ、カセットテープとレコード、いわゆるアナログと呼ばれる2つの形式を選択しました。

形にのこされたものが、手から手へと渡ること。音楽を再生するときに、そこにモノがあると感じられること。

たとえ画面越しでも香りが立ち風が吹くことがあると信じているけれど、そこには感触の記憶が追い風でも向かい風でもなくただただ漂っている。きっとその香りは、風はいつかそこにあったものだ。そしてそこに自分もいたのかもしれない。

リアルであることが少しだけむずかしい季節に、そんなある種の憧れを頼りにしたかったのです。

 

 

〈ハイキング / Midori〉information

〈note #1〉About songs – SIDE A

〈note #2〉About songs – SIDE B

〈note #3〉About guests